摘心されたアボカド。あいつの現在。

NO IMAGE

先日、2年かけて育てたアボカドを思い切って摘心しました。

それについての記事はこちら。↓
アボカドを摘心しました。

それが現在どうなったのか、お見せしたいと思います。

側芽出現!

まずはbeforeから。

IMG_8968[1]

切られたアボカドと壊れたはさみ

IMG_8970[1]

南無三・・・

茎が硬すぎてはさみが壊れました。

スパッと切れなかったので、無理くり切った後すごく不安な気持ちになりました。

しかし、数日後、切った先端とひとつ下の葉が存在した部分の付け根に赤い突起物が出現。

IMG_9057[1]

イチニョッキ!

摘心したのが5月10日で上記の写真が24日なので、想像より早い側芽の出現でした。

現在の姿

そしてそれから更に2週間経過した現在、アボカドさんはどうなったかというと・・・

こうなりました。

IMG_9107[1]

ニョキニョキ

お分かりいただけるでしょうか。

IMG_9107

赤丸の部分が側芽であります。摘心、成功した模様です。でも真上に伸びるのなら切った意味あったのでしょうか・・・。側芽っていうくらいだから枝を増やして横に大きくなるように育つと思ってました。もう少し成長したら重力に耐えられなくなり横に伸びるのでしょうか。どうなんでしょうか。

スポンサーリンク


style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-3396722495250779″
data-ad-slot=”8475755243″
data-ad-format=”auto”>

まだまだ知らないことばかり

実際に摘心してみて、(現時点では)思ったような方向に伸びていかず、「きれいな盆栽を作ることってすごく難しいんだろうなぁ・・・」と思いをはせているところです。今後、どんな樹形になっていくのか楽しみです。経過観察していきたいと思います。