初夏に仕込んだ自家製梅酒を夫婦で飲んでみました。

カメラ

お越しいただき有難う御座います。飼育員かずよ(@keeperkazuyo)と申します。

初夏に妻と一緒に自家製梅酒を作りました。

 

娘が卒乳したので結婚式を挙げて4年目の日にお祝い?として二人で飲んでみました。

 

始めて作った梅酒の味は・・・?

仕込んだ期間は約半年。

本当はもっと我慢した方が良かったのかもしれませんが、あまり長く置いておくとお酒をそんなに飲めない妻とでは次の春までに飲みきらないのでは?との懸念もありまして、記念日に開封することにしました。

味は、というと。

なんてとげとげしい・・・攻撃的な味なんでしょう。まろやかとは程遠い味でビックリしました。

これ、飲みきれないかもしれない・・・

 

 

と思ったのですが、本当は混ぜないといけなかったみたいです。

砂糖が下に沈んでいて、上澄みのホワイトリカーだけ飲んだのでとげとげしかったようです。

 

混ぜたら普通の自家製梅酒の味になりました。

まろやかというより、なめらか。クセも何もないごくフツーの出来栄え。

良い言い方をすれば、飲みやすい味とでも言いましょうか。

グラスは確か大学生のときに沖縄で買ったもの。

涼しげなグラスです。真冬ですけど。

 

次回作ははちみつか黒糖で

漬け込む時間は短めでしたが、初めての梅酒としてはまあ悪くない出来だったんではないかと思います。最初は大失敗したと思ってビックリしましたが。

次はもっとコクが欲しいなと思ったので、黒糖梅酒かはちみつで作ってみようと思います。

 

だから春までに飲みきらなきゃ・・・!

 

コメント