Binanceへビットフライヤーやコインチェックから仮想通貨を送る方法。

NO IMAGE

仮想通貨界隈が盛り上がっておりますが、Binanceという取引所はご存知ですか?

Binanceとは中国が運営している仮想通貨取引所です。
このように書くと、海外の取引所なんて不安・・・と感じる人が多いでしょう。しかしBinanceは取引高世界一位で、儲けてるトレーダーはほぼみんな使っています。
使っている理由は、使いやすいという点と取引銘柄がめっちゃ豊富という点でしょうか。
1単位がまだ日本円換算何十円の価値しかないいわゆる草コインなんかもたくさんありますので、うまく銘柄を選ぶことができれば、大きく利益を伸ばすことも可能でしょう。

Binanceは円建ての取引ができませんBinanceで取引するにはビットコインやイーサリアムなどの主要銘柄をBinanceに送金する必要があります

今日はBinanceへビットコインを送金する方法を解説してみようと思います。

まだBinanceへの登録が済んでいない方は、こちらよりどうぞ

Binanceに登録

Binanceへの登録方法はこちらです↓
参考記事【仮想通貨取引所「Binance」への登録方法をご説明。

スポンサーリンク



Binanceへビットフライヤーからビットコインを送る方法

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
登録がまだの方はこちらをクリック

まずはビットフライヤーからビットコインをBinanceへ送る方法をご説明します。
もちろん、ビットフライヤーでビットコインを購入して保有していることが前提ですよ。まだビットコインを持っていない方は、値下がりしている今のうちに購入してみてください。

まずは、登録したBinanceを開いてみましょう。
上部に「資産」というタブがあるので、そこにマウスを合わせ「預金の引き出し」をクリックしましょう。

スクリーンショット (43)

そうすると、ずらぁっとBinanceで取り扱っている仮想通貨の銘柄が出てきて、何をどのくらい自分が保有しているのか表示されます。

今回はビットコインをBinanceに移動させたいので、左の方の検索窓に「BTC」と入力します。
そうするとビットコインのみ表示されるので、右側赤丸部分の「預金」をクリック。
これであなたのBTC預金アドレスが表示されるようになります。これを絶対に間違えることなくコピーしましょう。これを間違えると永遠にビットコインは届きませんのでご注意を。

お次は送信元のビットフライヤーを開きます。

左端のタブから、「入出金」を選択。
上部に出てきた選択欄から、「BTCご送付」を選択。

スクリーンショット (44)

「BTCご送付」を選択すると下記のようなものが出てきますので、ラベル欄に送付先がどこなのか自分でわかりやすい名前を付けます。今回はBinanceなのでラベル欄には「Binance」でいいでしょう。

「新しいビットコインアドレス」と書かれている空欄に、Binanceからコピーしてきたアドレスを絶対に間違えないようにペーストしましょう。そして、右の追加するをクリックします。
その後、ラベルの左側にチェックを付けられるようになるので、チェックを付けるのをお忘れなく。

スクリーンショット (45)

あとは、持っているビットコインをいくら分送るのかを入力します。(送付には手数料がかかります。)優先度は手数料が別途かかりますので急がない場合は、普通のままでよいでしょう。

スクリーンショット (46)

入力が完了したら「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリックして手続きは終わりです。

Binanceへコインチェックからビットコインを送る方法

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
登録がまだの方はこちらをクリック

コインチェックから送る場合も方法はほとんど同じです。

Binance側はやることは一緒なので割愛します。

コインチェック側では、コインチェックにログイン後、左側のコインを送るをクリック。

送りたいコインを選択して(今回はビットコイン)、「送金先リストの編集」からビットフライヤーと同じようにラベルとアドレスを入力します。何度も言いますが、アドレスは間違えないようにご注意ください。

スクリーンショット (47)

追加を押して送金先リストを作成します。

あとはいくら送るのかを入力し、手数料を確認して、下部の「送金する」をクリックするだけです。

慣れれば簡単な作業ですね。

ビットコインの送金にはどのくらい時間かかるのか

ビットコインを送金したはいいが、なかなか着金しない・・・ということがたまにあるようです。
これはいわゆる「送金詰まり」というやつでビットコインを送る人がたくさんいればいるほど、なかなか着金してくれません。
たまに勘違いしている人がいますが、この「送金詰まり」は取引所の問題ではなくて通貨自体の問題ですので取引所に文句を言っても解決しません。これの意味が分からない人は、まずはブロックチェーンと仮想通貨とは?ということについて勉強すると良いでしょう。

ちなみに私がBinanceへ送金した時は、20分そこそこで着金しました。タイミングが良かったんでしょうね。人によっては1日経っても着金しない人がいるみたいなので・・・。

最後に

これから仮想通貨市場にはどんどんお金が入ってくると思います。
2018年は億単位稼ぐいわゆる「億り人」がたくさん生まれるでしょう。少しでも人より早く投資することが大きな利益を得る方法の一つです。気になっている人は是非登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。