ハミルトン(Hamilton)のベルト交換方法について!【革ベルトをBAMBI製に変更したよ】

NO IMAGE

わたくし、ハミルトン(Hamilton)の腕時計を愛用しております。

このハミルトンの腕時計は、私が婚約指輪を妻にプレゼントした際のお返しに頂いたもの。ハミルトンの腕時計が欲しいと言っていたのを覚えていてくれたんです。素敵な妻ですねぇ。

 

買ってもらってから、大事にずっと使い続けている腕時計。平日はほぼ毎日つけていますし、休みの日も出かけるときは肌身離さず持ち歩いています。腕時計なんで肌身離さないものですけど。

 

ちなみに、黒の革ベルトです。シックでかっこいいんです。

 

・・・いまから少し怖いこと言いますけどね。
もらってから3年ほど経つんですが、実は一度もベルト交換をしていなかったんです

革ベルトタイプの腕時計を愛用されている方にはお分かりいただけると思うんですが、革ベルトのタイプはずっと使っていると、臭くなるんです。

汗やら手を洗ったときの水やらを吸い込んで、どんどん臭くなっていきます。もちろん裏側が白いと変色もします。

なので、だいたい1年に一回交換したり、夏場は別のベルトに付け替えたりするのが気持ちの良い使い方なんでしょうけど、それを私は交換せずに3年ほど使ったわけです。

カミングアウトしますと、結構匂ってましたね。独特の匂いが

逆にそれが気になって嗅いでしまうぐらいでした。はい。クセになる臭いでした。


ハミルトンのベルト交換

ベルト交換をしたくなかったわけではないんです。ずっとしたかったんですが、純正品のベルトって結構なお値段するんです。それで足踏みしていたんです。

しかし、今回、ついにベルト交換しました。

なぜする気になったかというと、ベルトが千切れたからです。←

ハミルトン腕時計修理1

千切れたというか、バネ棒部分の革の接着が取れてしましました。

どれだけ酷使していたがわかりますねー。今までありがとう純正ベルト・・・

まあ、そんな状況にありましたので、ベルトを交換したわけですが、いろいろと調べまして、今回は純正以外のものを試してみることにしました。

BAMBI製の革ベルトに変更

ハミルトン腕時計修理2

BAMBIというメーカーのもので、現在のベルトと似たデザインのものがありました。今回はそれに交換しました。

 

この革ベルト、スコッチガードという撥水加工が裏表両面に施されています。また、ベルトサイズ(幅)もたくさんありますし、留め具の色もシルバーとゴールドから選ぶことができました。

価格は正規品のベルトの1/4ほどです。また、私が買ったネットのお店では簡易交換具(所謂「バネ棒外し」)もセットでつけてくれました。

 

腕時計のベルトは交換専用の工具さえあれば誰でも簡単に交換することが可能です。お店に持ち込む必要はありません。

ベルト取り外しパターンとしては大まかに二通りあるようで、その腕時計のタイプによって変わるみたいですが上の写真の小さな工具でどちらも交換可能のようです。

画像ではわかりづらいですが、工具の片側は尖っており、もう片方は二股になっています。私のハミルトンは二股の方を使いました。

 


 

付け替えてみた感想

さて、ちゃちゃっと交換してみた結果がこちら。

ハミルトン腕時計修理3

写真でみると、正規品と遜色ありません。

実際はというと、やはり高い方が上品な光沢がある気がしますが、1年に一回交換することを考えるとこのお値段でこの見た目はだいぶ満足です。

実際の付け心地も悪くありません。

このお値段なら、もう一つ茶色を購入して服装に合わせて付け替えるのも有だなと考えています。

ハミルトン腕時計修理4

正規品にこだわらなくてよかったと感じている、今日この頃でございます。