iPhoneを逆さまにして写真を撮る。

NO IMAGE

iPhoneで写真を撮るとき、どの向きで写真を撮るだろうか。

大体の人が通常の縦向きで写真を撮ると思う。

スマホ上で画像を見ている分にはそれが一番いい。

画面を余すことなく写真を見ることができるから。

ただその画像をパソコンに移してみると、あらびっくり。

写真が横を向いている!!って経験をお持ちの方も少なくないはず。

ブログにアップしようにも、横を向いてて直せないYO!ってなる。

iphoneはシャッターボタン右が基本の向き

だから私は基本的にiPhoneで写真を撮るときは、

シャッターボタンを右側にして撮る。 

そうすると、いかなる時も写真が反転しない。

iphoneの画像はシャッターボタン右側で撮った時が0°で、

通常の縦で撮ると90°回ってしまっている状態になる。

スマホは頭がいいので、画像を見るときは-90°反転させて表示してくれる。

これをパソコンに移すと横を向いてしまうのだ。

iMacでこれを直す場合は、finderで「プレビュー」というのを探してみるといい。

「プレビュー」はただ単に画像を見るだけでなく簡単な加工もできる。

ここで画像を反転させて保存すれば、OK!

もしくはinstagramに画像をアップしてから使えば、新しい画像になるので反転することもなくなる。

逆さにすると地上が近くなり臨場感が出る!!

前置きがくっそ長くなったが・・・

iphoneを逆さにしてカメラを使ってみると、どうなのか。

#beardeddragon #フトアゴヒゲトカゲ ノーマルなのに#アゴ が#オレンジ になりました。 #爬虫類

飼育員かずよさん(@keeper.kazuyo)が投稿した写真 –

 
私が思いついたわけではなくて、情景師アラーキーさんの受け売りだけど・・・

地面が近くなって、臨場感があふれます。

横だとどうしても地面からカメラが遠くなる。

でも逆さにすると、 地面に張ってるトカゲもこんなに低いアングルで撮れるのだ。

小動物飼っている方はぜひお試しあれ。


MIX大型犬 ブログランキングへ


インコ ブログランキングへ


オオトカゲ ブログランキングへ


異種・多種飼い ブログランキングへ


男の料理 ブログランキングへ