一つながり。

NO IMAGE

だいたいの人は、

「今年もお世話になりました。」「よいお年を!」など言いながら、 

今年に別れを告げて、

「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」とか言って、

新しい年として、1月1日という日を迎える。 

夜更かしして気が付かないうちに跨いだ、

いつかの夜中と何ら変わらないのに、

12月31日の夜中には今年を脱ぎ捨てることができるかのような、そんな、感覚。 

「年末だから、大掃除!」「身の回りもきれいにして新年を迎えよう!」とか、

何かと年末に託けて、 ドタバタ過ごす。

私は、そういうのがあまり好きではない。

掃除なんて普段から、今日はここ、来週はあそこ、という具合に分けて行えば、

年末にバッタバタする必要はないと思っている。

来年になっても、特に何も思わない。

昨日が今日に、今日が明日になっただけ。

穏やかに過ごす。

目標だって、別に年初に立てる必要なんてない。

思い立った日から目標を掲げて動き出せばいい。

そんなわけで。

今日で仕事納め。明日は朝から、

家の雑巾がけをしようと思う。年末だし。