先日、この本を読み終えた。





百田尚樹「幸福な生活」。





私は正直なところ、短編小説があまり得意ではない。

内容に深みを感じることができないことが多いからだ。

突然始まり突然終わったような感覚になるときもある。



なので、あまり短編集は読まない。




今回、この小説を読んだ理由は、

単純に短編だと気が付かなかったからだ。





実は私、百田さんの本を読むのはこれが初めて。

人気者になると逆に手を出せなくなる派だ。



満を持して手に取った小説が苦手な短編集。





しかし、これはその苦手意識を克服してくれるような本だった。



あとがきを宮藤官九郎が書いてるが、その中に、

短編小説は長い話の一部分だというようなことが書いてる。

その言葉にとても納得させられた。



その短編部分だけを作っているのではなく、

大きな物語から、 その部分を抜き出している。

そのような感覚を得た。





どの章もワクワクどきどきが隠れていて、

それでいてサクサク読むことができた。





百田さんの本と、別の作家さんの短編集、 どちらも試してみたくなる、

そんなキッカケになる本だった。

スポンサードリンク