ついに、ラミレジィに手を出してしまいました。



IMG_8669[1]



少し色が抜けてますが、ブルーダイヤモンドラミレジィ(またの名をコバルトブルーラミレジィ)です。

オスメス1匹ずつです。

店員さんに「オスメス取っていただけますか?」って聞いたら、「えっと・・・」と言われたので、選ばせてもらいました(笑)

頑張れ店員さん!!

スポンサーリンク



ラミレジィ、水草水槽に





ペアで買ったんですが、別に繁殖を目指しているわけではなく、あわよくば、ぐらいです。

そもそも混泳させているので、産んだところで食べられて終わりかと。

でもペアリングしてほしいなぁと淡い期待を抱いています。

メインの水草水槽で、ペアリングして、産みそうな雰囲気が出てきたら移そうかな。




ラミレジィの雌雄の見分け方





ラミレジィの雌雄の見分け方は結構簡単で、健康な個体であればすぐわかると思います。


いろんなサイトに書いてありますが、簡単な判別部分だけいうと、

オス♂  メスより相対的に大きい。ガシッと(?)している印象。
     背びれの1~4棘が長くその後ろも長め。


メス♀  体が丸みがかっている。
     成熟すると産卵管が肛門あたりから出てくる。
     またお腹が赤くなって婚姻色が出る。
     背びれで長いのは1,2棘であとは低め。


上記の点を踏まえて、お店で水槽をのぞいてみると、すぐにわかると思います。

強いオスはお店の水槽でも周りを威嚇して回っているので、ほんとにすぐわかります。



スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-3396722495250779"
data-ad-slot="5380052845">




まとめ



本当は私、ドイツラムが好きなんですよねぇ。でも、今回はブルーダイヤモンドラミレジィが広告に載っていて安かったので。ドイツラムにもいつか挑戦したいですね。

ただの個人的な報告でしたが、混泳状況やペアリング、たまに噂になるスネールへの影響など気になることがあれば、記事にしたいと思います。

こうご期待。
 

スポンサードリンク